小池知事突き上げ必至 豊洲工事の入札不調で五輪がピンチ

公開日:

 小池百合子都知事は、絶対に失敗できない2020年東京五輪にもミソをつけそうだ。豊洲市場の土壌汚染対策の追加工事が10月30日、入札不調になった。9月下旬、10月上旬に続き、これで3度目。地下水管理システムの機能強化工事については、鹿島、大成建設が入札を辞退。

 都は「辞退理由は把握していない」(財務局契約第1課)と言うが、要するに名だたる建設業者も「サジを投げた」ということだ。建築エコノミストの森山高至氏はこう言う。

「都は、汚染地下水の上昇を抑えるために地下水管理システムを導入しています。地下水位を、干潮時の海水面から高さ1.8メートルに抑える必要がありますが、先日の台風の影響もあってか、5メートル近くまで上昇している箇所もある。揚水ポンプが目詰まりを起こしたりと、トラブルも絶えません。はっきり言って、豊洲の地下水管理は“絵に描いた餅”。受注しても、満足に機能を果たせるか分かりませんし、最悪、責任問題にもなりかねない。業者が入札を辞退するのも当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る