小池知事突き上げ必至 豊洲工事の入札不調で五輪がピンチ

公開日:

 小池百合子都知事は、絶対に失敗できない2020年東京五輪にもミソをつけそうだ。豊洲市場の土壌汚染対策の追加工事が10月30日、入札不調になった。9月下旬、10月上旬に続き、これで3度目。地下水管理システムの機能強化工事については、鹿島、大成建設が入札を辞退。

 都は「辞退理由は把握していない」(財務局契約第1課)と言うが、要するに名だたる建設業者も「サジを投げた」ということだ。建築エコノミストの森山高至氏はこう言う。

「都は、汚染地下水の上昇を抑えるために地下水管理システムを導入しています。地下水位を、干潮時の海水面から高さ1.8メートルに抑える必要がありますが、先日の台風の影響もあってか、5メートル近くまで上昇している箇所もある。揚水ポンプが目詰まりを起こしたりと、トラブルも絶えません。はっきり言って、豊洲の地下水管理は“絵に描いた餅”。受注しても、満足に機能を果たせるか分かりませんし、最悪、責任問題にもなりかねない。業者が入札を辞退するのも当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る