• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池知事突き上げ必至 豊洲工事の入札不調で五輪がピンチ

 小池百合子都知事は、絶対に失敗できない2020年東京五輪にもミソをつけそうだ。豊洲市場の土壌汚染対策の追加工事が10月30日、入札不調になった。9月下旬、10月上旬に続き、これで3度目。地下水管理システムの機能強化工事については、鹿島、大成建設が入札を辞退。

 都は「辞退理由は把握していない」(財務局契約第1課)と言うが、要するに名だたる建設業者も「サジを投げた」ということだ。建築エコノミストの森山高至氏はこう言う。

「都は、汚染地下水の上昇を抑えるために地下水管理システムを導入しています。地下水位を、干潮時の海水面から高さ1.8メートルに抑える必要がありますが、先日の台風の影響もあってか、5メートル近くまで上昇している箇所もある。揚水ポンプが目詰まりを起こしたりと、トラブルも絶えません。はっきり言って、豊洲の地下水管理は“絵に描いた餅”。受注しても、満足に機能を果たせるか分かりませんし、最悪、責任問題にもなりかねない。業者が入札を辞退するのも当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る