• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

照準はホワイトハウス 北朝鮮「火星15」の性能と次の展開

 29日未明、北朝鮮が発射した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」。北は政府声明で「米本土全域を攻撃できる」と強調し、金正恩朝鮮労働党委員長は「本日、ついに国家核武力(戦力)完成の歴史的大業、ミサイル強国の偉業が実現した」と宣言した。

 政府声明によると、「火星15」は、金正恩立ち会いの下、日本時間午前3時18分、平壌郊外で発射。予定の飛行軌道に沿って53分間飛行し、日本海の公海上に設定された目標水域に着弾した。通常より高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で、最高高度4475キロまで上昇し、950キロ飛行したという。

 超大型重量級の核弾頭装着が可能で、7月に発射した「火星14」よりも「はるかに優れた兵器」とされる。小野寺防衛相も「かなりの能力」と認めているが、「火星15」とはどんな性能を持っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事