照準はホワイトハウス 北朝鮮「火星15」の性能と次の展開

公開日: 更新日:

 29日未明、北朝鮮が発射した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」。北は政府声明で「米本土全域を攻撃できる」と強調し、金正恩朝鮮労働党委員長は「本日、ついに国家核武力(戦力)完成の歴史的大業、ミサイル強国の偉業が実現した」と宣言した。

 政府声明によると、「火星15」は、金正恩立ち会いの下、日本時間午前3時18分、平壌郊外で発射。予定の飛行軌道に沿って53分間飛行し、日本海の公海上に設定された目標水域に着弾した。通常より高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で、最高高度4475キロまで上昇し、950キロ飛行したという。

 超大型重量級の核弾頭装着が可能で、7月に発射した「火星14」よりも「はるかに優れた兵器」とされる。小野寺防衛相も「かなりの能力」と認めているが、「火星15」とはどんな性能を持っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る