• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地下ピットコンクリは“崩壊”前提 費用15億円はムダ金濃厚

 東京・築地市場の移転問題を巡って小池百合子都知事が移転延期を決めてから約1年半――。今年10月に豊洲への移転が決まったが、まだまだ問題山積だ。

 都は昨年12月、豊洲市場の地下ピットでコンクリート打設などの追加対策工事を開始。地下の有害物質が気化し、地上の市場内に侵入するのを防ぐ目的だが、全くの無意味である可能性が浮上した。

 本紙は、地下ピットのコンクリ打設工事の設計図面を入手。有害物質侵入防止のための“フタ”は、あらゆる箇所で亀裂が入る可能性が高いのだ。青果棟が立つ5街区と仲卸売場棟がある6街区、卸売場棟の7街区で多少の差はあるものの、床面には5~6メートル四方の「カッター目地」が網の目状に設けられている。

 カッター目地とは、コンクリに無秩序にヒビが入ることを防ぐために設ける深さ数センチの溝。コンクリは気温が低い冬季に収縮、気温が高い夏には膨張するため、時間が経つにつれ高い確率でヒビ割れが起きる。そのため、あらかじめ溝を設けた箇所にヒビ割れを誘発。やたらめったら亀裂が入りまくるのを防ぐ措置だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る