地下ピットコンクリは“崩壊”前提 費用15億円はムダ金濃厚

公開日:

 東京・築地市場の移転問題を巡って小池百合子都知事が移転延期を決めてから約1年半――。今年10月に豊洲への移転が決まったが、まだまだ問題山積だ。

 都は昨年12月、豊洲市場の地下ピットでコンクリート打設などの追加対策工事を開始。地下の有害物質が気化し、地上の市場内に侵入するのを防ぐ目的だが、全くの無意味である可能性が浮上した。

 本紙は、地下ピットのコンクリ打設工事の設計図面を入手。有害物質侵入防止のための“フタ”は、あらゆる箇所で亀裂が入る可能性が高いのだ。青果棟が立つ5街区と仲卸売場棟がある6街区、卸売場棟の7街区で多少の差はあるものの、床面には5~6メートル四方の「カッター目地」が網の目状に設けられている。

 カッター目地とは、コンクリに無秩序にヒビが入ることを防ぐために設ける深さ数センチの溝。コンクリは気温が低い冬季に収縮、気温が高い夏には膨張するため、時間が経つにつれ高い確率でヒビ割れが起きる。そのため、あらかじめ溝を設けた箇所にヒビ割れを誘発。やたらめったら亀裂が入りまくるのを防ぐ措置だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る