適用第1号の恐れも 日大アメフト部員にも「共謀罪」の恐怖

公開日: 更新日:

 日大アメフト部の悪質タックル問題について、警視庁が捜査に着手した。試合中の行為だけに、刑法35条の定めで違法性を免れる「正当行為」にあたる“スポーツ傷害”の適用の可否。指示した疑いが濃厚な内田正人前監督と井上奨前コーチは、傷害の共謀共同正犯や教唆犯に問えるのかが、今後の焦点だ。

 立件のハードルが非常に高い案件だけに、捜査は慎重に進められるだろうが、警視庁の判断はともかく、怖いのは「共謀罪」適用の可能性がゼロとは言い切れないことだ。

 277もある共謀罪の対象犯罪の中には、今回の捜査容疑である「傷害罪」も含まれる。問題となるのは、内田正人前監督の指示だ。

 内田前監督の「除名」処分を決めた関東学生アメフト連盟は、問題の試合前日と前々日に反則した選手以外の選手も集めた作戦会議で、内田前監督が「QBを潰してこい」と指示したと認定。その証拠に、日大が試合中に円陣を組んだ際、守備のリーダー格が悪質タックルについて、「監督の言う通りにやったんや!」と檄を飛ばしたのを、観客席にいた複数の人が聞いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  8. 8

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  9. 9

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る