施行から1週間…暴力団「共謀罪」対策マニュアルは超綿密

公開日: 更新日:

「共謀罪」法施行で、誰よりも危機感を覚えているのが暴力団だ。本紙は、山口組系の暴力団がまとめた〈共謀罪を考える〉と題された“対策マニュアル”を入手。冒頭で「ヤクザが集中的に(取り締まりの)対象とされる可能性が高い」と指摘するなど、その内容は超綿密だ。

 マニュアルは「対象となり得るケース」「対象とならないケース」を表に分け、細かく列挙している。例えば「なり得るケース」には、「暴力団組員らが、対立する暴力団の構成員を襲って監禁した上、拳銃で射殺する事を計画」「暴力団組員らが、談合をしていると因縁を付けて事業者らから現金を騙し取ることを計画」などと生々しく記されている。

「ならないケース」には、「会社の同僚数名が、居酒屋で、上司の悪口で盛り上がり、『殺してやろう』と意気投合」「近所の主婦同士が、井戸端会議で、仲の悪い主婦の話題になり、『嫌がらせに自転車を盗もう』と意気投合」などと、メディアで指摘されたケースを事細かく列挙している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る