• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肺がん患者にヤジ 穴見議員は時価12億円超の株長者だった

 衆参両院は2日、全国会議員の2017年分の所得報告書を公開した。目を引いたのが、穴見陽一衆院議員(48=写真)の所得だ。受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中に、参考人の肺がん患者に「いい加減にしろ」とヤジを飛ばした議員である。

 総所得は8254万円で、そのうち議員歳費や社長を務める九州のファミレス「ジョイフル」などからの報酬など給与所得は6192万円。その他の所得2062万円の大半は、保有株の配当金とみられる。

 資産報告書によると、保有する上場株は、ANAホールディングスが4000株。ジョイフルの関連企業で地元・大分のホテル運営会社アメイズが2万3000株。ジョイフルが95万5300株。2日の終値で換算すると、時価総額はナント計約12億5000万円に上る。他にも取締役を務めるジョイ開発を4547株、ジョイフルの台湾法人の株を36万2500株保有。かなりの株長者だ。

 穴見議員はヤジった患者に先月25日付の文書で謝罪したというが、事件後から姿をくらませている。患者側は「穴見氏は自分の口で説明し、命に関わる法案をより真摯に議論してほしい」と訴えているが、これだけ巨額な資産を持っているなら、謝罪金くらい払ったらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る