暴言ヤジ辞任の後釜 田中副大臣に「カネと不祥事」の過去

公開日: 更新日:

「“身体検査”で引っかかったのに大丈夫か?」と話題になっている。

 沖縄県での米軍ヘリ不時着に関する代表質問で、「それで、何人死んだんだ」とヤジを飛ばし、内閣府副大臣を辞任した松本文明衆院議員の後釜に就いた田中良生衆院議員のことだ。

「2月4日に投開票の名護市長選を控え、選挙への影響を最小限に抑えるため、官邸の動きは早かった。事実上の更迭で、すぐに松本氏に辞表を出させ、急いで後任を決めた。田中氏は国交副大臣の経験があるので、スキャンダルの心配はないということで白羽の矢が立ったようですが、実は内閣情報調査室の身体検査では“真っ黒”だったのです。それで、起用は見送るよう進言したのですが、事態の早期収拾を優先した菅官房長官が強引にねじ込んだと聞いています」(官邸関係者)

 田中氏は埼玉15区選出で現在4期目。父は前埼玉県蕨市長だ。立教大学経済学部を出て、ベンチャー企業を立ち上げ、「蕨ケーブルビジョン」の代表取締役社長などを務めてきた“やり手”だが、過去に不祥事を起こしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る