• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴言ヤジ辞任の後釜 田中副大臣に「カネと不祥事」の過去

「“身体検査”で引っかかったのに大丈夫か?」と話題になっている。

 沖縄県での米軍ヘリ不時着に関する代表質問で、「それで、何人死んだんだ」とヤジを飛ばし、内閣府副大臣を辞任した松本文明衆院議員の後釜に就いた田中良生衆院議員のことだ。

「2月4日に投開票の名護市長選を控え、選挙への影響を最小限に抑えるため、官邸の動きは早かった。事実上の更迭で、すぐに松本氏に辞表を出させ、急いで後任を決めた。田中氏は国交副大臣の経験があるので、スキャンダルの心配はないということで白羽の矢が立ったようですが、実は内閣情報調査室の身体検査では“真っ黒”だったのです。それで、起用は見送るよう進言したのですが、事態の早期収拾を優先した菅官房長官が強引にねじ込んだと聞いています」(官邸関係者)

 田中氏は埼玉15区選出で現在4期目。父は前埼玉県蕨市長だ。立教大学経済学部を出て、ベンチャー企業を立ち上げ、「蕨ケーブルビジョン」の代表取締役社長などを務めてきた“やり手”だが、過去に不祥事を起こしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る