日本は2025年までに新型レーダー設置を 米政府が要請へ

公開日: 更新日:

 中国、ロシア、北朝鮮による米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)攻撃への迎撃態勢を強化するため、米政府が大型固定式レーダーの日本配備で協力を求める方針を固めたという。28日の読売新聞が報じた。

 日本配備を検討しているのは「HDR(米本土防衛レーダー)」と呼ばれる新型のレーダー。米本土のほかハワイ、米領グアムなどに向かうICBMを発射地点近くから追尾する。

 米軍は2023年にハワイで同型レーダーの運用を始める予定で、日本配備は25年までに行い、ハワイのレーダーと連携運用することを目指している。また、人工衛星を攻撃する「キラー衛星」やスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視にも利用するほか、レーダーが得た情報は自衛隊と共有する方向だという。

 米政府は近く日本政府に打診し、協議を始めたい考えだ。だが、米国を守るためのレーダーを日本に置かせろとは無礼千万。有事の際に攻撃目標となるのは確実で、国民の生命、財産を危険にさらすことにもなる。かつての中曽根首相の「日本列島を不沈空母にする」発言を思い出させる事態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  9. 9

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  10. 10

    コロナ専門家会議の議事録 政府はハナから作成する気ナシ

もっと見る