保守分裂の地元知事選で風見鶏 “逃げ恥”稲田朋美氏の憂鬱

公開日: 更新日:

 保守分裂の上、総務省時代の上司、部下による異例の戦いとなった福井県知事選。自民党推薦の新人・杉本達治氏(56)が現職の西川一誠氏(74)に約9万票差で勝利した。

 地元の自民県議は杉本派と西川派で割れ、大モメだったが、最後までどっちつかずで中途半端だったのが、稲田朋美筆頭副幹事長(衆院福井1区)だ。

「稲田さんは県連顧問という立場上、知事選中、ちょくちょく地元に入っていましたが、杉本さんの隣でマイクを握るといった表立った動きはなかった。自らの選挙で“手足”となって活動する市議が多い杉本陣営には『私の心は杉本さんにある』と話す一方、西川陣営には『党本部は(杉本の)推薦ではなく、党議拘束のかからない支持にとどめる』とあやふやなことを言っていました。どちらにもいい顔をしていたわけです」(地元記者)

 稲田氏は先月22日付の地元の福井新聞に「なんとか保守が一丸となって戦うことができないものか…」と苦しい胸の内を明かすそぶりで語ったが、本心なのかは疑わしい。25日には、県知事選とは関係ない大阪市内であった統一地方選の集会に「女性議員飛躍の会」代表として登壇。「地方の女性議員の割合があまりにも少ない」と訴えた後、ちゃっかり政治資金パーティーまで開いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る