三宅雪子
著者のコラム一覧
三宅雪子ルポライター

1965年3月5日、米国ワシントン生まれ。玉川学園女子短期大学、共立女子大学を卒業後、民放テレビ局に21年間勤務。元衆議院議員。 父は三宅和助元シンガポール大使、祖父は石田博英元官房長官。著書に「福祉と私 ~『支えあう社会』を国政の場から~」

ネットにはびこる荒唐無稽の珍説まで信じ込む高齢者たち

公開日: 更新日:

 ネトウヨブログ「余命三年時事日記」の呼びかけで、懲戒請求を受けた弁護士が、「違法な懲戒請求をされた」として請求者に対して損害賠償を求めた裁判の1審判決が、先週、相次いであった。

 懲戒請求された弁護士で訴訟を起こしているのは、長年差別問題に取り組んできた神原元弁護士のほか、佐々木亮、北周士、嶋﨑量、小倉秀夫、金竜介、金哲敏の各弁護士7人で、これまでに判決が出たものもある。いずれも弁護士側の主張がおおむね認められ、それぞれ約30万円の賠償金支払いが命じられた。

 弁護士によって提訴の理由はさまざまだが、大量懲戒請求をある種の社会問題として捉え、警鐘を鳴らそうとしている点では共通している。

 わかっているだけで150人以上の弁護士がブログ主の勝手な“指定”によって不当な懲戒請求をされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る