渋沢栄一に猛反発 安倍政権「新紙幣」で日韓対立の火に油

公開日: 更新日:

新元号の下での新しい日本銀行券(紙幣)にふさわしい人物と考えている」――。麻生財務相は9日、新紙幣のデザイン発表会見で、肖像画に採用された人物をこう評した。新元号発表との“相乗効果”によって政権浮揚につなげたい思惑が透けるが、対立激化の日韓関係にとっては最悪のタイミングだ。

  ◇  ◇  ◇

 日韓関係は今、「史上最悪」といわれている。昨年末からレーダー照射問題や徴用工問題などがくすぶり、10日はソウル市内の日本大使館の建設許可が取り消された。両国のミゾは日増しに深まるばかりで、自民党内からは「国交断絶」の強硬論が噴出している。

 さらに「最悪」の関係をこじらせたのが、新紙幣のデザインだ。韓国が、1万円札の肖像に「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一(1840~1931年)が採用されたことに反発しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る