国際労組が警告 五輪建設現場“ヘルメットは自腹”の報告書

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪・パラリンピック関連施設の建設現場の作業員が、過酷な労働環境で働かされているとして、国際建設林業労働組合連盟(BWI、本部・ジュネーブ)が大会組織委員会や東京都などに改善を求める報告書を送付していたことが分かった。

 BWIは16年から東京大会の労働環境について調査しており、今年2月には新国立競技場や選手村の建設現場の作業員ら約40人から聞き取りをした。今回の報告書は「月に26~28日働かされる」「クレーンでつるされてプラプラする資材の下で作業させられている」といった劣悪な環境を指摘。「ヘルメットを自腹で買わされた」「労働契約が結ばれていない」などの不当行為の横行も紹介している。

 BWIの担当者は「開催が近づくと事故が増える傾向があり、今からでも労働者の安全を守るべきだ」と警告している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  5. 5

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  10. 10

    <3>東京五輪「来年7月強行開催」で窮地に立つ小池都知事

もっと見る