東京五輪まで500日も「聖火台」場所未定 組織委の言い分は

公開日: 更新日:

 東京五輪の開幕まで500日を切り、聖火リレーの出発地が福島県沿岸部のスポーツ施設「Jビレッジ」に正式決定。五輪スポンサーのメディアは「復興五輪」を強調するが、肝心なことが抜け落ちている。

 ゴールとなる「聖火台」の設置場所は依然として決まっていないのだ。

 開会式と閉会式はメイン会場の新国立競技場に、競技期間中は台場と有明の間に架かる「夢の大橋」周辺に、それぞれ設置する方針だが、そのデザインはおろか、敷地内のどこに置くのかすら未定の大マヌケ。

 聖火台の設置を任された大会組織委員会の言い分はこうだ。

「聖火台の点火シーンは開会式の演出上、非常に重要な役割となりますので、現在も総合統括責任者で狂言師の野村萬斎さんらと引き続き検討しております。また、設置場所やデザインについて、調整の必要性がある関係各所には、要件などをお伝えすることになるかと思いますが、現在公表は予定しておりません。開会式で初めて聖火台を披露する意向です」(戦略広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る