【埼玉】立憲・枝野代表の自称「右腕」熊谷裕人に勢い

公開日: 更新日:

【埼玉】(改選数4)

○○古川 俊治56自現
○○矢倉 克夫44公現
○○熊谷 裕人57立新
△○宍戸 千絵41国新
▲ 伊藤  岳59共新
  沢田  良39維新

 定数見直しで改選数が3から4に増えた。さらに、国民民主を離党した大野元裕参院議員(非改選)が8月の埼玉県知事選に出馬表明したことから、補欠選と合わせて当選枠が5に拡大する可能性が高まったものの、大野は今国会の会期末まで参院議員を務める――との意向を示したため、結局、4のままとなった。

 定数増を受け、自民は2人の候補擁立を検討したが、公明に配慮して断念。古川の議席確保を確実に狙う作戦で、公明も矢倉の勝利に向けて組織をフル回転させている。

「政権交代の第一歩にしたい」「埼玉県から日本の政治を動かしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る