【奈良】野党統一候補の西田が自民ガチガチの牙城に挑む

公開日: 更新日:

【奈良】(改選数1)

○○堀井  巌53自現
  西田 一美58無新

 2期目を目指し、公明の推薦を得た元外務政務官の現職、堀井が有利な戦い。

「堀井さんは外務政務官の仕事が忙しかったのか、地元にほとんど帰ってこないし、たまに戻っても自民系の業界団体回りばかり。駅頭に立ってマジメに政策を訴えている姿は見たことがありませんね。官僚出身だからなのか、態度がエラソーで自民県議の評判も芳しくありません」(地元記者)

 対する野党は統一候補の西田。自治労出身で、連合地方組織では2人目の女性会長だ。

「奈良は女性が選挙に出るなという雰囲気が残る土地柄で、女性議員ゼロ比率が全国ワースト2位。西田はそこに殴り込みをかけるのだから、いい度胸です。出遅れは否めないものの、どこまで食い込めるかが見モノです」(前出の記者)

 衆参ともに議席を独占する自民に風穴をあけられるか。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る