【奈良】野党統一候補の西田が自民ガチガチの牙城に挑む

公開日: 更新日:

【奈良】(改選数1)

○○堀井  巌53自現
  西田 一美58無新

 2期目を目指し、公明の推薦を得た元外務政務官の現職、堀井が有利な戦い。

「堀井さんは外務政務官の仕事が忙しかったのか、地元にほとんど帰ってこないし、たまに戻っても自民系の業界団体回りばかり。駅頭に立ってマジメに政策を訴えている姿は見たことがありませんね。官僚出身だからなのか、態度がエラソーで自民県議の評判も芳しくありません」(地元記者)

 対する野党は統一候補の西田。自治労出身で、連合地方組織では2人目の女性会長だ。

「奈良は女性が選挙に出るなという雰囲気が残る土地柄で、女性議員ゼロ比率が全国ワースト2位。西田はそこに殴り込みをかけるのだから、いい度胸です。出遅れは否めないものの、どこまで食い込めるかが見モノです」(前出の記者)

 衆参ともに議席を独占する自民に風穴をあけられるか。

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。上段は政治評論家・野上忠興氏、下段は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る