【東京】「消費税廃止」の山本太郎が上位当選も

公開日: 更新日:

【東京】(改選数6)

△△武見 敬三67自現
○○丸川 珠代48自現
○○山口那津男67公現
△△塩村 文夏41立新
▲ 山岸 一生37立新
 ▲水野 素子49国新
△○吉良 佳子36共現
▲▲音喜多 駿35維新
  朝倉 玲子60社新
△○山本 太郎44れ現

 3年前の参院選から改選数が1増え、6議席となったことから、自民は候補者を3人に増やすことも検討したが、結局、現状維持の現職2人に絞った。これで2議席楽勝のはずだが、丸川が票を取り過ぎれば分からない。6年前は丸川が106万票、武見は61万票で最下位当選だった。

「浮動票も取れる丸川さんは、今回も100万票超えの可能性がある。それで、業界・団体票を少しでも多く武見さんに回したいと、党が歯科医師連盟などに『武見でよろしく』とお願いしたところ、それを聞きつけた丸川本人が『私は危ない』と大騒ぎ。ムキになって業界票集めに動いている。やり過ぎると武見さんの当落に影響しかねません」(自民党関係者)

 今回の東京での最低得票ラインは50万票前後とみられる。組織力を考えれば、公明・山口と共産・吉良は堅い。そうなると残り2議席。“台風の目”となりそうなのが、今年4月に「れいわ新選組」を立ち上げた山本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  6. 6

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る