関電マネー還流 “ドン”の原発御殿と疑惑の手数料ビジネス

公開日: 更新日:

 関西電力幹部らの“原発マネー還流”問題は闇が深すぎる。20人の関電幹部らは2017年までの7年間で、高浜原発が立地する福井・高浜町の“ドン”で元助役の森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)から計3・2億円もの金品を受領。さらに、八木誠会長は06~10年にも森山氏から商品券などを受けていたことが発覚した。地元関係者は「この程度では終わらないだろう」と口を揃えるが、森山氏の豪邸周辺を取材すると、氏がいかに“太く”稼いでいたのかが垣間見える。

 森山氏の自宅は、JR小浜線三松駅から15分ほど歩いた地区に位置する静かな住宅街にある。広大な敷地を取り囲む高さ約2メートルの塀が、周囲に並ぶ古い日本家屋や小さな旅館の中で異彩を放っている。

「森山」の表札がかかった黒い門の奥には、平屋建ての木造日本家屋が鎮座。真っ白なコンクリート造の2階建ての建物も隣接している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  6. 6

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  7. 7

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  10. 10

    野党時代から構想 英語試験民営化は自民政権復帰で急加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る