関電幹部は「お友達だから…」経団連・中西会長の仰天発言

公開日: 更新日:

「お友達のお友達によるお友達のためのインチキ」を許しているのは、アベ政治だけじゃなかった。経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は、27日の定例会見で“関西電力のマネー還流事件”について問われた際、「詳細な情報が分かっていない」としつつ、「八木さんも岩根さんもお友達。うっかり変な悪口も言えない」などと答えたのだ。

「お友達」だから何だというのか。億単位の怪しいカネをフトコロに入れていた疑いがあっても知らんぷりするのか。誹謗中傷しろと迫られているわけじゃないのだ。

 もっとも、経団連と言えば、安倍政権をヨイショしてハリボテ株価をつり上げ、ひたすらカネをため込む一方、社員には還元しない無能経営者の集まり。中西会長は、日本が大惨敗した日米貿易協定についても「バランスの取れた合意に達したことを歓迎」などとピントの外れた発言をしていたが、こういう連中がいつまでもポストにしがみついて“お友達”と好き勝手やっているから、若手社員が犠牲を強いられるのだ。関電の経営陣と一緒にそろって引退した方が日本のためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る