関電会長らに“高浜原発マネー”還流 元助役から1.8億円

公開日: 更新日:

 関西電力の八木誠会長(69)や岩根茂樹社長(66)ら役員を含む6人が2017年までの7年間で、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から、計約1億8000万円の金銭を受け取っていたことが、金沢国税局の税務調査で判明した。

 同国税局は昨年1月、高浜原発などの関連工事を請け負う高浜町の建設会社の税務調査を開始。森山氏が工事受注などの手数料として、約3億円を受け取っていたことを確認した。

■銀行送金のほかに菓子折りでも

 森山氏は地元で「天皇」と呼ばれた実力者で、同国税局がさらに調査を進めた結果、森山氏が関電役員ら6人の個人銀行口座に送金したり、現金を入れた菓子折りを関電側に届けていたことも判明した。森山氏は関電内で「Mさん」と呼ばれていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  6. 6

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る