立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

NHKとみずほ銀の異常な蜜月 新会長人事で抱える新たな爆弾

公開日: 更新日:

「権力を持っている政権が報道機関から権力チェックされるのは当たり前だと思う。(政権との)距離はきちっと保つ」

 来年1月にNHK会長に就任する前田晃伸氏が記者会見でこう語ったという。「政府が右ということを左というわけにはいかない」などと言いだす人物でなくて、まずは安堵しているNHK職員は多いだろう。ただ、今の制度では政権が認めない人間がNHKのトップに就くことはあり得ない。放送行政に詳しい国会議員は、「官邸に近いNHKの理事が菅官房長官と力業でねじ込んだ」と証言しており、新NHKがどれだけ距離を保てるのかは注視する必要がある。

 ただ、この人事は別の理由でアウトだと私は思っている。利益相反が疑われるからだ。前田氏はみずほフィナンシャルグループ(FG)の元会長。NHKとみずほ銀行とが特殊な関係なのは、NHKの人間ならよく知る事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る