立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

大学で相次ぐ差別発言「使えない教養より実学重視」の弊害

公開日: 更新日:

「アメリカの大学って、一般教養に力を入れているんですよ」

 去年訪米した際、名門コロンビア大学で研究員をしているNHKの元同僚がそう話していた。

「最先端の研究をしている学生がニーチェとか読むわけです」

 元同僚が大学の教授にその理由を問うと、「新たな時代を切り開くには、人間とは何か、社会とは何かを考えることが重要」と言われた。東大卒の彼は、「目を見開かされた」と話した。東大大学院の大澤昇平特任准教授の差別的な発言を知って、元同僚の話を思い出した。AI開発の会社を経営している大澤氏はツイッターで、「中国人を採用しません」とか「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」などと発信して謝罪に追い込まれた。

 その発言に、日米の高等教育の質の違いを感じさせられた。こういう人物でも、その専門知識によって幅を利かすのが日本の教育機関だと言っていい。日本の大学は、先端技術という名の実学にのみ注目し、社会とは何か、人間とはどうあるべきかといった根源的な問いを考える場ではないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事