立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

なぜ安倍総理は沖縄の懸念をアメリカに伝えられないのか

公開日: 更新日:

 60年前の1960年1月19日(米東部時間)、日米安保条約の改定が調印された。それを記念するレセプションで安倍総理は、「岸信介は、日本の首相として、アメリカの大統領とゴルフをした最初の人物でした。2番目はと言いますと、私でありました」と話した。

 会場には、岸が一緒にゴルフをしたアイゼンハワー大統領の親族が招かれていたという。岸が安倍総理の祖父であることは言うまでもない。安倍総理は当時の両首脳の「友情」に触れつつ、「いまや、日米安保条約は、いつの時代にも増して、不滅の柱。アジアと、インド・太平洋、世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱」と強調した。

■公文書に残っていた岸信介の米政府牽制発言

 この認識は2つの点で間違えている。

 ひとつは、岸についての認識だ。私の手元に米政府の公文書がある。そこに岸が当時のダレス米国務長官に伝えた言葉が載っている。それは「琉球の問題について2点挙げたい」として始まる。琉球とは当時、アメリカの施政権下にあった沖縄のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る