立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

トランプ大統領弾劾決議 注視すべきはアメリカ議会の変質

公開日: 更新日:

 アメリカ下院でトランプ大統領の弾劾が決議された。年明けから上院で審理が行われ、大統領にかけられた権力乱用と議会妨害の罪について採決が行われる。これについての日本の報道に違和感を覚える。総じて、上院で共和党が多数を占めているため、トランプ大統領は罷免されないというトーンだ。「政治ショー」と断定している新聞もある。

 確かに、下院では共和党は誰一人、弾劾に賛成しなかった。トランプ大統領は、「共和党はかつてないほど結束している」とツイートしている。しかし、2年に1度選挙を強いられる下院議員とは異なり、上院議員は6年の任期の中で大所高所からの判断を求められる。

 上院議員は各州2人選出で100人。閣僚や最高裁判事の任命権や、国際条約を批准する権限も持つ。それだけの責任が課せられているわけで、下院と同じレベルで党派性が顕著なわけではない。日本の政治記事をあてはめたような見通しを書くのは正しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る