立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

「米軍反撃の可能性は低い」 NHK報道とは真逆だった理由

公開日: 更新日:

 イランの報復による米軍の死者が出なかったことで、懸念されたアメリカとイランとの軍事衝突はひとまず回避された。軍事行動に出なかったトランプ大統領を評価するコメントが散見されるが、ここは注意が必要だ。

 私は常日頃から、この大統領のツイートをフォローしている。それによって対応を予測できる時がある。例えば、米朝が軍事衝突かと日本のメディアが騒いでいた2017年8月に、私は米朝首脳会談の可能性をテレビで伝えたが、それはツイートの内容から出した結論だった。

 今回は、イランによる報復の後のツイートに注目した。そこでトランプは、「全て順調だ。イラクの2つの基地にイランがミサイルを撃った。現在、犠牲者と被害の状況把握に努めている。今のところ良い状況だ」とつぶやいていた。発せられたのは日本時間の1月8日の午前中だ。


 これを受けて、この日に出演した夕方の情報番組「ミント!」(毎日放送)で、「推測」と断った上で、「米軍が反撃に出る可能性は低い」と伝えた。ところが、NHKはその後の夜7時のニュースで、同じツイートを使って、米軍の反撃の可能性を報じた。知り合いから、「大丈夫か?」との連絡が来た。私は、「恐らくNHKの報道のようにはならない」と伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  2. 2

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  5. 5

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

もっと見る