立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。フジテレビ「とくダネ!」、毎日放送「ちちんぷいぷい」出演中。

ゴーン氏の国外逃亡 供述調書至上主義と刑事司法の問題点

公開日: 更新日:

 2020年はゴーン前日産会長による国外逃亡劇で幕を開けた。この記事が出る頃にはゴーン氏が会見をするとの報道もある。今後、ゴーン氏はさまざまなメディアを使って自身の正当性を主張するだろう。その行為を英雄視する人も一定程度はいるだろうが、ゴーン氏への共感の輪は本人が思うほどは広がらないかと思う。

 気になるのは、この逃亡劇を理由に保釈を許可した裁判所を批判する論調が日本のメディアで目立っていることだ。この逃亡劇を理由に保釈に否定的になれば、日本の刑事司法は「前近代的」との国際的な批判を払拭することはできないだろう。問題は、保釈の制度設計をしてこなかったことにある。日本は、その議論を始めなければならない。

 アメリカで私が住んでいた自治体の首長が収賄でFBIに逮捕された時、この首長は逮捕後間もなく保釈されている。後に有罪が確定して失職するが、それでも保釈は当然のこととして受け止められていた。その際、足首には逃亡防止用のGPSがつけられ、居住及び移動の制限も課せられ、パスポートは裁判所の管理となっていた。加えてFBIによる電子的監視の対象にもなっていた。つまり自宅内部での会話をFBIが監視するという措置で、映画でそうした場面を見たことのある人もいるだろう。実際に監視されていたかどうかはわからないが、こうした対応があれば、今回のような逃亡劇が起きることは防げただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る