安倍首相ヤジでまた国会紛糾「嘘つき」面罵の謝罪も拒否

公開日: 更新日:

「意味のない質問だよ」――。もう、うんざりだ。12日の衆院予算委員会でも安倍首相が自席からヤジを飛ばし、審議を紛糾させた。

 あり得ない発言が飛び出したのは、立憲民主党の辻元清美議員の最後の質問の直後。「桜を見る会」など最近の不祥事に触れ、「タイは頭から腐る。社会、国、企業の上層部が腐敗していると残りもすぐに腐っていく。ここまできたら頭を代えるしかない」と非難されると、安倍首相はブチ切れ。吐き捨てるように冒頭の言葉を口にした。

 驚いたことに、安倍首相はちっとも悪びれない。野党の猛抗議の後、次に質問に立った立憲の逢坂誠二議員に「罵詈雑言の連続。私に反論の機会が与えられず、テレビ付きで延々と繰り返された。ここは質疑の場であって、一方的に罵る場なんですか? これでは無意味じゃないか、と申し上げた」と答弁。ヤジを正当化してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る