室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

北村氏「普通の大臣になりたい」すげぇの出してきた自民党

公開日: 更新日:

「普通の大臣の仕事ができ、『劣った大臣だ』と言われないようにつとめていきたい」(北村誠吾地方創生担当大臣)

 これは2月7日、北村大臣が記者会見で述べた言葉。ぜんぜん、国会で答弁ができないことを指摘されて。

 政府が国会に提出した「桜を見る会」の推薦者名簿。推薦部局の欄に書かれていた、「内閣官房内閣総務官室総理大臣官邸事務所」という文言が消えていた。白く塗りつぶされ、その記述自体がなかったことみたいになっていた。

 ちなみに、その部署は「桜を見る会」に誰を招いたか取りまとめる部署。総理からいわれ……と答えるわけにいかないもんな。でもさ、悪質よ。書き換えたら、なぜ書き換えたかも残さなきゃいけないのが公文書。書いてあった事実さえなくそうとしたってか。

 野党はここを追及したい。安倍さんの尻尾が見えてきそうだもん。けど、国会での北村大臣は公文書がどういうものか、それを書いたものは誰であるかも、あやふやだ。突っ込んだ本質的な話なんてできるわけねぇ。すげぇの出してきたな、自民党。喧嘩相手の家に、自分ちの寝たきりのおじいちゃんを置いてきたようなもんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る