室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

案里議員の疑惑にモゴモゴ…この政治記者は平気で嘘をつく

公開日: 更新日:

「汲む前に案里さん自身が出ようとしてましたから」(田崎史郎・政治記者)

 これは1月23日「ひるおび」での田崎氏の言葉。番組の中で司会の恵さんに、「(河井案里議員は)菅さんや総理の思いを汲んだ方でもあるじゃないですか」と聞かれ、スシローはそう答えた。

 もう誰もがわかっていることまで、このスシ……いいやこの政治記者は、平気で嘘をつく。

 番組では、河井前法相、河井案里参議院議員の公選法違反についてとりあげた。週刊文春のスクープ、案里議員の選挙に党本部から1億5000万円が振り込まれていたことも。おなじ自民党から立候補していた溝手氏(落選)は1500万円だった。溝手氏は過去、安倍首相批判をした人。つまり、案里議員は溝手氏を潰すため、暗い情念から安倍首相が差し向けた人なのだ。


 私怨に1億5000万も税金使ってんじゃねーよ。ほんと、くだらない男だわさ。……そう多くの国民が思わないよう、スシローはテレビにせっせと出て、あの方のために頑張っちゃってるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る