突然の臨時休校要請に共働きの親らが憤り…医療現場も混乱

公開日: 更新日:

 27日、突然の安倍首相からの要請を受け、全国の小中高校が3月2日から臨時休校する見通しとなった。何の調整も行わずいきなり休校を迫られ、小学生を抱える共働きやひとり親の家庭からは困惑と憤りの声が上がっている。

 小学1年の長女(7)を育てる福岡市のシングルマザー(38)は、「親のことも考えず、休業補償もなしに休みにするとか言わないで。本当に困る」と語気を強めた。

 長男(7)と長女(4)、次女(2)を抱える名古屋市の男性会社員(38)は、「子どもの健康を考えてのことでやむを得ないと思うが、親には負担。そこまで必要なのか」と驚いた。

■医療体制に悪影響

 一足先に小中学校の臨時休校が決まった北海道では医療体制への悪影響が表れてきた。帯広厚生病院では、子どもがいるため出勤できなくなる看護師が続出。全体の2割強にあたる約170人に達し、予約外の外来などを休止する事態となった。全国の臨時休校で同様の事態が各地の病院で発生するとの懸念が広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る