新型コロナでTOEIC中止 「感染しても受験を」就活生ら悲鳴

公開日: 更新日:

「ガスマスクを着けてでてもいいから受験させてほしい」「感染しても構わないので中止にしないでほしい」――。

 英語の能力を測る民間試験「TOEIC」を運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が26日、新型コロナの感染拡大を受け、3月1日に予定していた「TOEIC Bridge S&W」と、同8日に予定していた「TOEIC L&R」を中止すると発表。これを受け、大学生や就活生から悲鳴の声が出ている。

 TOEICのテストが中止になるのは、東日本大震災が発生した2011年3月以来で、3月1日は3都府県の6会場で130人、同8日は47都道府県の263会場で約18万6000人が受験する予定だった。

 受験料の返金はせず、5月以降に実施するテストでの振り替え受験で対応するというのだが、この事態に困惑しているのが大学生や就活生たちだ。都内の大学2年生がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る