全国マスク工業会に聞いた 品薄状態続く粗悪品の見分け方

公開日: 更新日:

 とにかく、いつでも、どの店の商品棚をのぞいても空っぽ――。新型コロナウイルス感染拡大で品薄状態が続いているマスクのことだ。

 全国マスク工業会(東京)によると、現在、マスクは1週間1億枚のペースで生産しているものの、新型コロナウイルスに加え、花粉の飛散時期でもある。このため「メーカーに聞くと、需要が例年の5~7倍あり、供給が追い付かないのが現状」(高橋紳哉専務理事)だという。

 とはいえ、通勤電車などの人混み感染は気になるし、万が一、自分が周囲にウイルスをうつしたら迷惑がかかる。そこで「何とかしてマスクを手に入れたい」とネットを見ると、50枚入りで1箱数万円もしたり、マスクそのものはふつうの値段なのだが、送料が何万円もしたり……という状況に頭を痛めている人は少なくない。そんな中でささやかれ始めたのが「粗悪品」の出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る