全国マスク工業会に聞いた 品薄状態続く粗悪品の見分け方

公開日: 更新日:

 とにかく、いつでも、どの店の商品棚をのぞいても空っぽ――。新型コロナウイルス感染拡大で品薄状態が続いているマスクのことだ。

 全国マスク工業会(東京)によると、現在、マスクは1週間1億枚のペースで生産しているものの、新型コロナウイルスに加え、花粉の飛散時期でもある。このため「メーカーに聞くと、需要が例年の5~7倍あり、供給が追い付かないのが現状」(高橋紳哉専務理事)だという。

 とはいえ、通勤電車などの人混み感染は気になるし、万が一、自分が周囲にウイルスをうつしたら迷惑がかかる。そこで「何とかしてマスクを手に入れたい」とネットを見ると、50枚入りで1箱数万円もしたり、マスクそのものはふつうの値段なのだが、送料が何万円もしたり……という状況に頭を痛めている人は少なくない。そんな中でささやかれ始めたのが「粗悪品」の出現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る