中洲のキャバクラでクラスター 感染客はなぜ店を隠すのか

公開日: 更新日:

 九州随一の歓楽街、福岡市・中洲のキャバクラで、新型コロナウイルスのクラスターが発生。感染者6人が店名を明らかにしていないため、夜の街で感染拡大の不安が広がっている。

 福岡市の30代男性2人は4日、東京から来た知人男性4人を連れて中洲地区のキャバクラを訪れ、後に6人全員の感染が確認された。

■「言いません」の一点張り 市も地元飲食店も困惑

 福岡市の担当者がこう言う。

「6人に『店名を教えて欲しい』とお願いしましたが、示し合わせたように『言いません』『協力しません』の一点張りでした。教えられない理由が分かれば、他のアプローチの仕方もあるのですが、東京の4人が何の目的で福岡に来たのかも分かりません。6人は当初、言っていることが断片的で、キャバクラに行ったことも全員の話を統合してようやく判明しました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る