GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

公開日: 更新日:

 時間にも懐にも余裕のある金持ち優遇策と批判が高まる「Go To トラベル」に新たな問題が持ち上がっている。トラベル事業を運営する事務局の人件費がベラボーに高いのだ。

■SNSでは「日当7万円」で大騒ぎ

 幹部の事務局長ら64人は1人当たり日額6万9800円。SNS上では「日当7万円」がトレンド入りする大騒ぎだ。平社員クラスの係員級1251人は日額3万2700円だという。原資は言うまでもなく税金。妥当性があると言えるのか。

 観光庁が野党合同ヒアリングに提出した資料などによると、7~8月分の人件費の支払総額は約127億円で、対象は6932人。担当者は「あくまで概算払いにおける計画上の積算。1人当たり単価には基本給のほか、賞与相当額、通勤手当等のその他諸経費、社会保険の事業者負担分が含まれる。それほど高いものではない」と釈明していたが、半分が諸経費だとしても「勉強した」と胸を張れないんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る