ゴネまくるトランプ氏が誘発…東京五輪“テロ勃発”の危機

公開日: 更新日:

「共に働くことを楽しみにしています」――。菅首相は米大統領選を制したバイデン前副大統領にこう祝意を表明。12日、初の電話会談に臨んだ。米国では敗北拒否のトランプ大統領のせいで政権移行が進まない。自分ファーストのゴネまくりに指をくわえていると、恐ろしい事態に発展する可能性がある。来夏の東京五輪で凄惨なテロが勃発しかねないのだ。

  ◇  ◇  ◇

 来年1月20日の次期大統領の就任式に向け、米国は本来なら政権移行期間のはずだが、トランプ氏は「不正があった」と訴訟を乱発。負けを認めようとせず、移行作業が停滞している。

 政権移行は米国の法律に基づき、連邦政府資産を管理する一般調達局(GSA)が選挙結果を確認することから始まる。GSAの確認を経て、次期大統領サイドは連邦政府から600万ドル(約6・3億円)の移行予算を受けることが可能になる。一般的に、GSAはメディアの当確判定後24時間以内に速やかに勝者を確定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る