菅首相に不吉な予兆?専用機に不具合で出発1時間半遅れる

公開日: 更新日:

 英国で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)に出席する菅首相を乗せる予定だった政府専用機に機材のトラブルが生じた。首相は待機していた予備機に搭乗し、10日夜に羽田空港をたったが、出発時刻は当初の予定より1時間半以上ずれ込んだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(13枚)

 政府専用機は2機あり、航空自衛隊が運航している。防衛省によると、10日夕に機内照明の一部に不具合が見つかった。

 このトラブルに対し、ネットでは<これは不吉><日本国民は今すぐにでも東京オリンピックという機材トラブル続発の飛行機は捨てて代替機へ乗り換えたいんですが><出席しても官僚メモを繰り返し読むだけでは世界に通用しない><リモートでも参加できる>など、日頃の首相への不満があふれ出たかのようなコメントが相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る