菅内閣支持率また最低を更新 読売調査37%で6ポイント低下

公開日: 更新日:

 もはや、つるべ落としだ。読売新聞が4~6日に実施した全国世論調査によると、菅政権の支持率は37%。前回5月調査から6ポイント低下し、同社の調べでは昨年9月の内閣発足以来、最低を更新した。

【写真】この記事の関連写真を見る(10枚)

 不支持率は50%(前回46%)。菅首相にどのくらい続けて欲しいかとの問いに「9月の自民党総裁任期まで」が43%、「すぐに交代して欲しい」が16%に上り、早期退陣を望む世論は計6割近い。

 支持率が安倍前首相の退陣直前(昨年8月)の37%以来の低水準に陥り、東京都議選や次期衆院選を控えた政府・与党の懸念は強まるばかり。自民の政党支持率も33%と、菅政権の発足以降、最低を記録。総裁選に向けて党内が浮足立つのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る