画期的だった広島高裁「黒い雨」訴訟判決が示す意味

公開日: 更新日:

 原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を国の定めた援護対象区域外で浴び、健康被害が生じたとして84人(うち14人は死亡)が被爆者健康手帳の交付を求めた訴訟で、広島高裁は14日、原告全員を被爆者と認定した一審判決を支持し、広島県や広島市、国側の控訴を棄却、手帳の交付を命じる判決を言い渡した。

 判決は、「黒い雨」の降雨範囲について、国が定めた区域より広範囲に降ったと認められるとし、健康被害の評価に際しては、降雨の状況やその後の生活状況、症状などをふまえ、内部被曝の影響を重視したうえで、国の定めた区域内かどうかで健康状態に差があるとの調査報告は存在しないことから、援護に差をつけるのは合理性がないと判断した。

 今回の判決は、①国の線引きに拘泥せず、内部被曝による健康被害の影響を認めたこと②被爆者の認定要件について、被爆者援護法の趣旨目的を重視した、点で画期的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  8. 8

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  9. 9

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る