• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク入り李大浩の「3年20億円」報道にナインが激怒!

「まったく、あいつらには参るよ」

 こう言って苦笑いするのが、ソフトバンクOBだ。24日、ソフトバンクが前オリックスの李大浩(31)の獲得を発表。李は球団を通じて、「優勝を狙えるチームでプレーすることは、私にとって非常に大きな意味を持ちます」とコメントした。

 そんな李の契約について、韓国の朝鮮日報は3年最大20億5000万円と報道。契約金は5000万円で、年俸は14年度が4億円、15、16年度は5億円。出来高は年間最大2億円にも及ぶ。しかも、3年目の契約は李サイドにオプションがあるという、至れり尽くせりの契約だ。

 とはいえ、これはあくまで韓国での報道。日本のマスコミは「2年総額9億円プラス出来高」としている。ここまで差が開くのはなぜか。

 冒頭のOBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る