日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク入り李大浩の「3年20億円」報道にナインが激怒!

「まったく、あいつらには参るよ」

 こう言って苦笑いするのが、ソフトバンクOBだ。24日、ソフトバンクが前オリックスの李大浩(31)の獲得を発表。李は球団を通じて、「優勝を狙えるチームでプレーすることは、私にとって非常に大きな意味を持ちます」とコメントした。

 そんな李の契約について、韓国の朝鮮日報は3年最大20億5000万円と報道。契約金は5000万円で、年俸は14年度が4億円、15、16年度は5億円。出来高は年間最大2億円にも及ぶ。しかも、3年目の契約は李サイドにオプションがあるという、至れり尽くせりの契約だ。

 とはいえ、これはあくまで韓国での報道。日本のマスコミは「2年総額9億円プラス出来高」としている。ここまで差が開くのはなぜか。

 冒頭のOBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事