ソフトバンク入り李大浩の「3年20億円」報道にナインが激怒!

公開日: 更新日:

「まったく、あいつらには参るよ」

 こう言って苦笑いするのが、ソフトバンクOBだ。24日、ソフトバンクが前オリックスの李大浩(31)の獲得を発表。李は球団を通じて、「優勝を狙えるチームでプレーすることは、私にとって非常に大きな意味を持ちます」とコメントした。

 そんな李の契約について、韓国の朝鮮日報は3年最大20億5000万円と報道。契約金は5000万円で、年俸は14年度が4億円、15、16年度は5億円。出来高は年間最大2億円にも及ぶ。しかも、3年目の契約は李サイドにオプションがあるという、至れり尽くせりの契約だ。

 とはいえ、これはあくまで韓国での報道。日本のマスコミは「2年総額9億円プラス出来高」としている。ここまで差が開くのはなぜか。

 冒頭のOBがこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る