阪神・呉昇桓のキャンプ取材を巡り日韓プレス“大ゲンカ”の可能性

公開日: 更新日:

「舞台裏でバチバチするかもしれませんよ」

 阪神が獲得した新助っ人・呉昇桓(オスンファン)(31)の取材を巡って、早くもこんな声が飛び交っている。

 呉といえば、韓国通算277セーブの実績があり、2年総額8億5000万円の超大型契約で阪神入りした韓国球界の「超大物」。韓国のテレビ、新聞、インターネットの記者たちが来年2月のキャンプに大挙してやってくることが予想されている。

「そこで、問題が出てくるかもしれない」とは、韓国事情に詳しいジャーナリストだ。

「韓国の新聞記者の社会的地位は、日本に比べて高い。給与水準も高く、入社試験には多くの学生が殺到する。プロ野球の取材でも、記者が選手よりも立場が上という関係なので、選手の首根っこをつかんでロッカールームから引っ張り出してきて取材する記者もいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  7. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  8. 8

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る