阪神・呉昇桓のキャンプ取材を巡り日韓プレス“大ゲンカ”の可能性

公開日:  更新日:

「舞台裏でバチバチするかもしれませんよ」

 阪神が獲得した新助っ人・呉昇桓(オスンファン)(31)の取材を巡って、早くもこんな声が飛び交っている。

 呉といえば、韓国通算277セーブの実績があり、2年総額8億5000万円の超大型契約で阪神入りした韓国球界の「超大物」。韓国のテレビ、新聞、インターネットの記者たちが来年2月のキャンプに大挙してやってくることが予想されている。

「そこで、問題が出てくるかもしれない」とは、韓国事情に詳しいジャーナリストだ。

「韓国の新聞記者の社会的地位は、日本に比べて高い。給与水準も高く、入社試験には多くの学生が殺到する。プロ野球の取材でも、記者が選手よりも立場が上という関係なので、選手の首根っこをつかんでロッカールームから引っ張り出してきて取材する記者もいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る