• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・呉昇桓のキャンプ取材を巡り日韓プレス“大ゲンカ”の可能性

「舞台裏でバチバチするかもしれませんよ」

 阪神が獲得した新助っ人・呉昇桓(オスンファン)(31)の取材を巡って、早くもこんな声が飛び交っている。

 呉といえば、韓国通算277セーブの実績があり、2年総額8億5000万円の超大型契約で阪神入りした韓国球界の「超大物」。韓国のテレビ、新聞、インターネットの記者たちが来年2月のキャンプに大挙してやってくることが予想されている。

「そこで、問題が出てくるかもしれない」とは、韓国事情に詳しいジャーナリストだ。

「韓国の新聞記者の社会的地位は、日本に比べて高い。給与水準も高く、入社試験には多くの学生が殺到する。プロ野球の取材でも、記者が選手よりも立場が上という関係なので、選手の首根っこをつかんでロッカールームから引っ張り出してきて取材する記者もいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る