韓国人選手に振り回されっぱなしの日本プロ野球

公開日:  更新日:

 外交では強気な韓国とギスギスした関係が続く日本政府。球界も「隣国」に押され気味だ。

 オリックスと2年契約が切れた李大浩(31)は、2年総額8億円の条件に納得できず、「それなら残留しない」と返答。オリックス側は条件の上積みをせず契約更新を諦め、14日に退団が決まった。

 李にはある韓国人の代理人がついている。この人物は、松坂がメジャー入りした際、期限ギリギリまで粘りの交渉を見せた敏腕エージェント、スコット・ボラスの会社に所属している。

「彼は元中日職員で、李炳圭の代理人だった。今はドジャースの柳賢振も担当している。李はオリックス在籍2年間で48本塁打、182打点。この主砲をソフトバンクと両天秤にかけて条件の引き上げを狙っていた。すでにソフトバンクから好感触を得ていることも強気にさせていたのではないか」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る