韓国人選手に振り回されっぱなしの日本プロ野球

公開日:  更新日:

 外交では強気な韓国とギスギスした関係が続く日本政府。球界も「隣国」に押され気味だ。

 オリックスと2年契約が切れた李大浩(31)は、2年総額8億円の条件に納得できず、「それなら残留しない」と返答。オリックス側は条件の上積みをせず契約更新を諦め、14日に退団が決まった。

 李にはある韓国人の代理人がついている。この人物は、松坂がメジャー入りした際、期限ギリギリまで粘りの交渉を見せた敏腕エージェント、スコット・ボラスの会社に所属している。

「彼は元中日職員で、李炳圭の代理人だった。今はドジャースの柳賢振も担当している。李はオリックス在籍2年間で48本塁打、182打点。この主砲をソフトバンクと両天秤にかけて条件の引き上げを狙っていた。すでにソフトバンクから好感触を得ていることも強気にさせていたのではないか」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る