韓国人選手に振り回されっぱなしの日本プロ野球

公開日: 更新日:

 外交では強気な韓国とギスギスした関係が続く日本政府。球界も「隣国」に押され気味だ。

 オリックスと2年契約が切れた李大浩(31)は、2年総額8億円の条件に納得できず、「それなら残留しない」と返答。オリックス側は条件の上積みをせず契約更新を諦め、14日に退団が決まった。

 李にはある韓国人の代理人がついている。この人物は、松坂がメジャー入りした際、期限ギリギリまで粘りの交渉を見せた敏腕エージェント、スコット・ボラスの会社に所属している。

「彼は元中日職員で、李炳圭の代理人だった。今はドジャースの柳賢振も担当している。李はオリックス在籍2年間で48本塁打、182打点。この主砲をソフトバンクと両天秤にかけて条件の引き上げを狙っていた。すでにソフトバンクから好感触を得ていることも強気にさせていたのではないか」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る