韓国人選手に振り回されっぱなしの日本プロ野球

公開日: 更新日:

 外交では強気な韓国とギスギスした関係が続く日本政府。球界も「隣国」に押され気味だ。

 オリックスと2年契約が切れた李大浩(31)は、2年総額8億円の条件に納得できず、「それなら残留しない」と返答。オリックス側は条件の上積みをせず契約更新を諦め、14日に退団が決まった。

 李にはある韓国人の代理人がついている。この人物は、松坂がメジャー入りした際、期限ギリギリまで粘りの交渉を見せた敏腕エージェント、スコット・ボラスの会社に所属している。

「彼は元中日職員で、李炳圭の代理人だった。今はドジャースの柳賢振も担当している。李はオリックス在籍2年間で48本塁打、182打点。この主砲をソフトバンクと両天秤にかけて条件の引き上げを狙っていた。すでにソフトバンクから好感触を得ていることも強気にさせていたのではないか」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る