新入札制度も絡んで…阪神の新守護神・呉昇桓獲得の“全真相”

公開日:  更新日:

 日米間でドタバタしていた入札制度問題が、阪神が獲得した右腕・呉昇桓(オスンファン)(前・韓国サムスン)の争奪戦に「飛び火」していたという。

 呉の代理人は今年6月、ソフトバンクに早々と売り込みをかけていた。韓国選手にとってソフトバンクのホームタウンである福岡は母国から近く、潤沢な資金力も魅力だ。

 呉の身長は178センチ。投手としてはさほど高くはない。千賀や五十嵐とタイプも似ていることからソッポを向かれたという。

「球団は、呉が190センチ以上の長身なら獲得を考えたと思う。『球に角度があって、球質が重ければ阪神と同等か、それ以上の条件を提示したかもしれない』と漏らしていた関係者もいますから」(ソフトバンクOB)

■阪神は保険だった?

 その後、呉サイドは守護神不在の阪神と接触。阪神は呉を獲得できると踏んで11月10日過ぎには、今季8勝12敗、防御率はリーグ3位(2.74)のスタンリッジの放出を決定。外国人枠を空けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る