新入札制度も絡んで…阪神の新守護神・呉昇桓獲得の“全真相”

公開日: 更新日:

 日米間でドタバタしていた入札制度問題が、阪神が獲得した右腕・呉昇桓(オスンファン)(前・韓国サムスン)の争奪戦に「飛び火」していたという。

 呉の代理人は今年6月、ソフトバンクに早々と売り込みをかけていた。韓国選手にとってソフトバンクのホームタウンである福岡は母国から近く、潤沢な資金力も魅力だ。

 呉の身長は178センチ。投手としてはさほど高くはない。千賀や五十嵐とタイプも似ていることからソッポを向かれたという。

「球団は、呉が190センチ以上の長身なら獲得を考えたと思う。『球に角度があって、球質が重ければ阪神と同等か、それ以上の条件を提示したかもしれない』と漏らしていた関係者もいますから」(ソフトバンクOB)

■阪神は保険だった?

 その後、呉サイドは守護神不在の阪神と接触。阪神は呉を獲得できると踏んで11月10日過ぎには、今季8勝12敗、防御率はリーグ3位(2.74)のスタンリッジの放出を決定。外国人枠を空けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る