• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪終わればマイナー競技…“カーママ”たちの気になる今後

「本当に幸せな五輪だった。自分たちのような選手が出てきて欲しい」
 長野五輪以来の5位入賞を果たしたスキップの小笠原歩(35)は、笑顔でこう振り返った。

 ただ、カーリングは五輪が終わってしまえば、また超マイナー競技に逆戻りだ。

 何しろ、日本のカーリングの競技人口は約3000人といわれ、専用施設は全国でわずか11カ所しかない。北海道8、長野2、青森1と地域が偏っているため、どうしても馴染みが薄い。競技人口が70万人以上で、世界一といわれるカナダとは比較にならない。

 シーズンは9月から4月まで。全国大会は年によって試合数が変わり、13年度はわずか3試合しかなく、最も大きな大会が3月3日から8チームで争う「全農日本カーリング選手権大会」(軽井沢)。3月下旬には、カナダで行われる「世界女子カーリング選手権」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る