五輪終わればマイナー競技…“カーママ”たちの気になる今後

公開日: 更新日:

「本当に幸せな五輪だった。自分たちのような選手が出てきて欲しい」
 長野五輪以来の5位入賞を果たしたスキップの小笠原歩(35)は、笑顔でこう振り返った。

 ただ、カーリングは五輪が終わってしまえば、また超マイナー競技に逆戻りだ。

 何しろ、日本のカーリングの競技人口は約3000人といわれ、専用施設は全国でわずか11カ所しかない。北海道8、長野2、青森1と地域が偏っているため、どうしても馴染みが薄い。競技人口が70万人以上で、世界一といわれるカナダとは比較にならない。

 シーズンは9月から4月まで。全国大会は年によって試合数が変わり、13年度はわずか3試合しかなく、最も大きな大会が3月3日から8チームで争う「全農日本カーリング選手権大会」(軽井沢)。3月下旬には、カナダで行われる「世界女子カーリング選手権」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る