海外カウンセリング効果 入賞したカーリング小笠原の強さ

公開日:  更新日:

「まだまだミスも多いし、現実を見ると1勝できるかどうか」

 五輪直前にスキップの小笠原歩(35)がこう言ってチームの気を引き締めたが、ソチでは準決勝進出こそ逃したものの、格上から4勝を挙げて長野五輪と同じ5位入賞。上出来だったといえる。

 1次リーグ最終日は2試合。世界ランク9位の日本は午前中にバンクーバー五輪銅メダルの中国(同5位)を8―5で破り通算成績4勝4敗。この時点で中国、スイスと並び、上位4チームによる準決勝進出をかけて最終戦に臨んだ。

 相手は同1位で五輪3連覇を狙うスウェーデン。日本は前日、スイス(同4位)を撃破する“大物食い”で上り調子だっただけに「ひょっとしたら」という期待もあった。

 不利といわれる日本先攻の第7エンドで1点を獲得して4―5の1点差まで詰めた。だが、実力に勝るスウェーデンに、残りエンドでじわじわと差を広げられ、終わってみれば4―8の完敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る