海外カウンセリング効果 入賞したカーリング小笠原の強さ

公開日: 更新日:

「まだまだミスも多いし、現実を見ると1勝できるかどうか」

 五輪直前にスキップの小笠原歩(35)がこう言ってチームの気を引き締めたが、ソチでは準決勝進出こそ逃したものの、格上から4勝を挙げて長野五輪と同じ5位入賞。上出来だったといえる。

 1次リーグ最終日は2試合。世界ランク9位の日本は午前中にバンクーバー五輪銅メダルの中国(同5位)を8―5で破り通算成績4勝4敗。この時点で中国、スイスと並び、上位4チームによる準決勝進出をかけて最終戦に臨んだ。

 相手は同1位で五輪3連覇を狙うスウェーデン。日本は前日、スイス(同4位)を撃破する“大物食い”で上り調子だっただけに「ひょっとしたら」という期待もあった。

 不利といわれる日本先攻の第7エンドで1点を獲得して4―5の1点差まで詰めた。だが、実力に勝るスウェーデンに、残りエンドでじわじわと差を広げられ、終わってみれば4―8の完敗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る