広島の「赤い忍者」菊池涼介を奮起させた野村監督のひと言

公開日: 更新日:

 広島菊池涼介(24)が8日、6月の月間MVPに初選出された。

 6月は全18試合でヒットを放って70打数28安打、打率・400。6月から7月2日まで21試合連続安打も記録し、「うれしいが、交流戦の連敗もあったのが歯がゆかった。同級生の丸らと声を掛け合ってリラックスしてプレーできたのが良かった」とコメントした。

 昨季は「野人」「赤い忍者」などと評されるケタ外れの身体能力を発揮し、二塁手部門で初のゴールデングラブ賞を受賞した。一方で打率は・247。実は体調面の悩みを2つ抱えながらプレーしていた。

「昔から疲れると、へんとう腺が腫れて熱が出るんです。去年も38度とか39度とか、フラフラになりながら試合に出たこともあった」とは本人。子供の頃から悩まされていた持病だった。そこで、昨年12月、へんとう切除の手術に踏み切っていたのだ。

 もうひとつは右手の故障。昨年2月のキャンプ中、帰塁の際に右手甲を痛めた。実は骨折していたというが離脱はしなかった。隠していたわけではない。首脳陣に報告すると、野村監督の反応は「治療しながらできるだろ?」と、実にあっさりしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか