巨人を揺さぶり 広島ナインの合言葉は「阿部を肩から潰せ」

公開日: 更新日:

 2日、巨人との接戦を制し、ゲーム差を再び2・5に戻した広島の野村謙二郎監督(47)は「選手が自信をつけてきている。苦しい試合だったけど勝ったのは大きい」と話した。

 これで今季の巨人戦は6勝5敗。就任以来、巨人に負け続けているその指揮官が、本気で優勝を狙う今季、密かにナインに指示していることがあるという。巨人の大黒柱・阿部慎之助(35)を“潰す”ことである。広島の某選手がこう言うのだ。

「今年、阿部さんの二塁への送球が緩くなっている。変化球などで体勢が悪くなると山なりの時すらある。二塁送球タイムも去年より遅くなった。阿部さんだからってビビらないで、アウトになってもいいから、塁に出たら徹底的にみんなで揺さぶっていこうと、チームでそう決めているんです」

■盗塁阻止率ダウン

 阿部の昨季の盗塁阻止率は・368。リーグ2位とまずまずだったが、今季は前カードまで・231。同ワースト2位に落ち込んでいる。確かに今の阿部は走りやすい捕手。前日の試合では木村が盗塁を成功させた。今季、巨人が許した盗塁をチーム別に見ると、中日4、阪神3、DeNA2、ヤクルト1。広島は7と最も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る