巨人を揺さぶり 広島ナインの合言葉は「阿部を肩から潰せ」

公開日:  更新日:

 2日、巨人との接戦を制し、ゲーム差を再び2・5に戻した広島の野村謙二郎監督(47)は「選手が自信をつけてきている。苦しい試合だったけど勝ったのは大きい」と話した。

 これで今季の巨人戦は6勝5敗。就任以来、巨人に負け続けているその指揮官が、本気で優勝を狙う今季、密かにナインに指示していることがあるという。巨人の大黒柱・阿部慎之助(35)を“潰す”ことである。広島の某選手がこう言うのだ。

「今年、阿部さんの二塁への送球が緩くなっている。変化球などで体勢が悪くなると山なりの時すらある。二塁送球タイムも去年より遅くなった。阿部さんだからってビビらないで、アウトになってもいいから、塁に出たら徹底的にみんなで揺さぶっていこうと、チームでそう決めているんです」

■盗塁阻止率ダウン

 阿部の昨季の盗塁阻止率は・368。リーグ2位とまずまずだったが、今季は前カードまで・231。同ワースト2位に落ち込んでいる。確かに今の阿部は走りやすい捕手。前日の試合では木村が盗塁を成功させた。今季、巨人が許した盗塁をチーム別に見ると、中日4、阪神3、DeNA2、ヤクルト1。広島は7と最も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る