広島は再生したのか…5連勝でフィニッシュも先発陣に不安

公開日:  更新日:

 広島が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 22日の日本ハム戦の延長十回、ロサリオがサヨナラ3ラン。9勝15敗と大苦戦した交流戦だったが、5連勝でフィニッシュ。貯金は「6」、首位巨人とは2.5ゲーム差まで持ち直した。ただ、これでリーグ戦再開に弾みがついたかといえば、楽観視はできない。何より投手陣の再建が急務だ。

 3日の日ハム戦からの9連敗中の総失点は「72」。1試合で8点取られれば、勝てるはずもない。連敗を脱出して5連勝と盛り返したのは、打線が1試合平均で7点を奪ったからこそだ。

 中でも不安なのは先発。この日、先発したバリントンは3回4失点でKO。これで3試合連続で4失点以上と精彩を欠いている。交流戦前までに5勝を挙げていたドラ1新人の大瀬良も、交流戦に限れば5試合に先発して1勝2敗。7日のソフトバンク戦では二回途中10失点で降板するなど、1試合平均で5点も取られている。ドラ2新人の九里は、12日の西武戦で3回2失点と21日に二軍落ちした。

 右肩痛で二軍調整中のセットアッパー・一岡が、リーグ戦から一軍復帰する可能性があるとはいえ、先発が試合を壊していては意味がない。熱狂的な鯉ファンを安心させるためにも、野村監督はリーグ戦再開までの4日間、再建策を練らなくてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る