広島は再生したのか…5連勝でフィニッシュも先発陣に不安

公開日:  更新日:

 広島が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 22日の日本ハム戦の延長十回、ロサリオがサヨナラ3ラン。9勝15敗と大苦戦した交流戦だったが、5連勝でフィニッシュ。貯金は「6」、首位巨人とは2.5ゲーム差まで持ち直した。ただ、これでリーグ戦再開に弾みがついたかといえば、楽観視はできない。何より投手陣の再建が急務だ。

 3日の日ハム戦からの9連敗中の総失点は「72」。1試合で8点取られれば、勝てるはずもない。連敗を脱出して5連勝と盛り返したのは、打線が1試合平均で7点を奪ったからこそだ。

 中でも不安なのは先発。この日、先発したバリントンは3回4失点でKO。これで3試合連続で4失点以上と精彩を欠いている。交流戦前までに5勝を挙げていたドラ1新人の大瀬良も、交流戦に限れば5試合に先発して1勝2敗。7日のソフトバンク戦では二回途中10失点で降板するなど、1試合平均で5点も取られている。ドラ2新人の九里は、12日の西武戦で3回2失点と21日に二軍落ちした。

 右肩痛で二軍調整中のセットアッパー・一岡が、リーグ戦から一軍復帰する可能性があるとはいえ、先発が試合を壊していては意味がない。熱狂的な鯉ファンを安心させるためにも、野村監督はリーグ戦再開までの4日間、再建策を練らなくてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る