広島は再生したのか…5連勝でフィニッシュも先発陣に不安

公開日: 更新日:

 広島が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 22日の日本ハム戦の延長十回、ロサリオがサヨナラ3ラン。9勝15敗と大苦戦した交流戦だったが、5連勝でフィニッシュ。貯金は「6」、首位巨人とは2.5ゲーム差まで持ち直した。ただ、これでリーグ戦再開に弾みがついたかといえば、楽観視はできない。何より投手陣の再建が急務だ。

 3日の日ハム戦からの9連敗中の総失点は「72」。1試合で8点取られれば、勝てるはずもない。連敗を脱出して5連勝と盛り返したのは、打線が1試合平均で7点を奪ったからこそだ。

 中でも不安なのは先発。この日、先発したバリントンは3回4失点でKO。これで3試合連続で4失点以上と精彩を欠いている。交流戦前までに5勝を挙げていたドラ1新人の大瀬良も、交流戦に限れば5試合に先発して1勝2敗。7日のソフトバンク戦では二回途中10失点で降板するなど、1試合平均で5点も取られている。ドラ2新人の九里は、12日の西武戦で3回2失点と21日に二軍落ちした。

 右肩痛で二軍調整中のセットアッパー・一岡が、リーグ戦から一軍復帰する可能性があるとはいえ、先発が試合を壊していては意味がない。熱狂的な鯉ファンを安心させるためにも、野村監督はリーグ戦再開までの4日間、再建策を練らなくてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る