広島ついに6連敗…球宴ファン投票“1位独占”のどっちらけ

公開日:  更新日:

 気合を入れ直し、流れを変える条件はあった。9日のオリックス戦。5連敗中の広島の先発マウンドには約1カ月ぶりに一軍復帰した3年目右腕の野村が上がった。その野村が6回2失点(自責1)と好投。8日までの5試合で50失点という投壊に歯止めをかけた。

 試合前には球宴ファン投票の第1回中間発表が行われ、広島勢は新人の大瀬良が先発部門で1位になるなど、6選手がトップに立った。が、そんなファンの後押しも選手の刺激にならず、打線がオリックス4投手からわずか3安打の無得点。完封負けを食らって連敗が6に伸びてしまった。

「勝って自分たちの戦いを思い出さないと」とは、試合後の野村監督。打つ手なし、といった表情だった。

 開幕ダッシュに成功して巻き起こったカープ旋風が球宴のファン投票につながったが、この調子では27日に発表される最終結果で「ファン投票選出ゼロ」という可能性もある。このままズルズルと落ちていくわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る