広島ついに6連敗…球宴ファン投票“1位独占”のどっちらけ

公開日: 更新日:

 気合を入れ直し、流れを変える条件はあった。9日のオリックス戦。5連敗中の広島の先発マウンドには約1カ月ぶりに一軍復帰した3年目右腕の野村が上がった。その野村が6回2失点(自責1)と好投。8日までの5試合で50失点という投壊に歯止めをかけた。

 試合前には球宴ファン投票の第1回中間発表が行われ、広島勢は新人の大瀬良が先発部門で1位になるなど、6選手がトップに立った。が、そんなファンの後押しも選手の刺激にならず、打線がオリックス4投手からわずか3安打の無得点。完封負けを食らって連敗が6に伸びてしまった。

「勝って自分たちの戦いを思い出さないと」とは、試合後の野村監督。打つ手なし、といった表情だった。

 開幕ダッシュに成功して巻き起こったカープ旋風が球宴のファン投票につながったが、この調子では27日に発表される最終結果で「ファン投票選出ゼロ」という可能性もある。このままズルズルと落ちていくわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る