原監督は頭が痛い…広島エルドレッドが巨人戦前に完全復調

公開日:  更新日:

 苦虫を噛み潰したような巨人原監督の顔が目に浮かぶ。

 九回に飛び出した会沢の勝ち越しソロで決着した29日のDeNA戦。計5本のアーチがかかった乱打戦で気を吐いたのが、広島4番のエルドレッド(33)だった。
 初回にバックスクリーンへ2点本塁打を叩き込むと、三回に2打席連発となるソロを左中間へ運んだ。25号、70打点はいずれも12球団トップを独走する数字だが、先の交流戦では精彩を欠いた。

 23試合で本塁打こそ8本をマークしたものの、打率は87打数16安打の.184。足並みをそろえるように、チームも9勝15敗で交流戦最下位に終わり、6個の貯金を吐き出してしまった。

 交流戦前まで打率.347、15本塁打とセの投手を血祭りに上げていたエルドレッドがリーグ戦再開で息を吹き返せば、最も頭が痛いのは、5本塁打を献上し、1日から直接対決3連戦を控えている巨人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る