原監督は頭が痛い…広島エルドレッドが巨人戦前に完全復調

公開日: 更新日:

 苦虫を噛み潰したような巨人原監督の顔が目に浮かぶ。

 九回に飛び出した会沢の勝ち越しソロで決着した29日のDeNA戦。計5本のアーチがかかった乱打戦で気を吐いたのが、広島4番のエルドレッド(33)だった。
 初回にバックスクリーンへ2点本塁打を叩き込むと、三回に2打席連発となるソロを左中間へ運んだ。25号、70打点はいずれも12球団トップを独走する数字だが、先の交流戦では精彩を欠いた。

 23試合で本塁打こそ8本をマークしたものの、打率は87打数16安打の.184。足並みをそろえるように、チームも9勝15敗で交流戦最下位に終わり、6個の貯金を吐き出してしまった。

 交流戦前まで打率.347、15本塁打とセの投手を血祭りに上げていたエルドレッドがリーグ戦再開で息を吹き返せば、最も頭が痛いのは、5本塁打を献上し、1日から直接対決3連戦を控えている巨人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る