日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB監督内定も 工藤新体制なら投手コーチは“難産”必至

「簡単にはいかないかもしれない」

 ホークスOBがこう言うのは、工藤公康氏(51=写真下)の新監督就任が内定しているソフトバンクの組閣作業だ。

「スンナリいかないのは、投手コーチでしょう。一部スポーツ紙では元楽天コーチの佐藤義則氏の招聘が報じられているが、昔かたぎの佐藤氏が工藤氏と合うとは思えない。11年にDeNA監督就任が決定的となった時には、現中日バッテリーコーチの達川光男さんの入閣に最後までこだわり、フロントがこれを受け入れずに就任は結局、雲散霧消になった。工藤氏自身、人脈が豊富というタイプではないといわれるが、投手コーチにはこだわりたいところだと思う」

 工藤氏といえば球界きっての理論家。現役時代には下半身、体幹、腕と順に無駄なく力を伝える「3段ロケット」投法を独自に編み出した。自身の投球理論をまとめたDVDも発表するほど。この春からは筑波大大学院でスポーツ医学を学んでいる。

 自らの投球理論と同様、コーチに対する考え方も、オリジナルな視点があるのは想像に難くない。投手コーチの人選はもちろん、誰がコーチになってもゴタゴタは避けられそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事