• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB工藤新監督決定的 “釣り三昧”城島の復帰が至上命題

 正式発表が秒読みとなっている、工藤公康氏(51)のソフトバンク監督就任。王球団会長も15日に都内で工藤氏と会っていたことを認めており、CS直前に辞任を発表した秋山監督の穴は何とか埋まるメドが立ったが、球団が工藤新監督に期待しているのは、優勝だけではない。何より、OBの幹部候補生・城島健司(38)を再びグラウンドに引っ張り出すことを課せられているというのだ。

 城島は12年に阪神で引退してからというもの、その後は故郷の長崎で趣味の釣り三昧。野球とは完全に距離を置き、「野球の取材は受けないが、釣りの取材は何でも受ける」と公言して、「城島健司のJ的な釣りテレビ」という冠番組を持つほど、ほとんど漁師のような生活を送っている。ソフトバンクは何度も現場復帰を要請したが、本人は「もう野球はいい」となしのつぶて。釣りとゴルフに没頭する毎日だ。

 そんな城島を現場に戻せる可能性があるのが、工藤新監督だ。ホークス在籍時、当時まだ新米捕手だった城島とバッテリーを組み、配球にダメ出しをするなどスパルタ教育で接した。その甲斐もあって城島は球界屈指の捕手に成長。「今の僕があるのは工藤さんのおかげ」と言ってはばからない。それだけに恩人から「コーチとしてオレを助けてくれ」と頭を下げられたなら、決心も揺らぐだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る